ブロッコリーの美味しいゆで方・レシピ情報

ブロッコリーのゆで方

それでは、ブロッコリーのおいしいゆで方をご紹介しましょう。ゆで方のポイントは、お湯の温度と冷却です。

1.水洗いしたブロッコリーを小房に分け、茎部分は皮をむいて食べやすい大きさに切る。
2.小房に分けたブロッコリーは水を張ったボウルにしばらく浸け、ゴミを落とす。
3.沸騰したお湯に塩ひとつまみを入れ、ブロッコリーを5房位ずつゆでる。
4.お湯が再び沸騰したらブロッコリーをザルに取り、すぐにうちわなどで扇いで冷ます。
※3、4を繰り返して、用意したブロッコリーを全てゆでましょう。

このように少量ずつゆでるとお湯の温度の戻りが早く、色良く食感良くゆであがるのだそうです。ゆでたらすぐに冷ますのは、色を保ち、余熱による火の通り過ぎを防ぐ大事なひと手間です。

一方、蒸しゆでというゆで方もあります。上記のようなお湯に浸けるゆで方より、栄養の溶け出しが少なくて済む為、最近はこちらの方が人気かもしれませんね。

蒸しゆでのゆで方は、以下の要領になります。

1.水洗いしたブロッコリーを小房に分け、茎部分は皮をむいて食べやすい大きさに切る。
2.小房に分けたブロッコリーは水を張ったボウルにしばらく浸け、ゴミを落とす。
3.鍋にブロッコリーと、ブロッコリーの5分の1が隠れる程度の水、塩ひとつまみを入れて強火で加熱する。
4.3分ほどして水分がなくなったらブロッコリーをザルに取り、すぐにうちわなどで扇いで冷ます。

なお、どちらのゆで方でも最後に氷水を使うと、いっそう色と食感が良くなります。ゆであがったブロッコリーを氷水に取って冷まし、小房の茎を持って振るようにして水切りをします。